保険会社に連絡を


事故にあったら加入している保険会社へ連絡するようにしてください。警察への連絡、加害者の情報を入手し終わったら保険会社に連絡を入れてください。加害者側との示談交渉が開始されるのは、事故の怪我や車などの修理費用の見積もりがでた段階で示談交渉になりますが、その前に保険会社に連絡する事で色々なアドバイスを貰う事ができます。特に交通事故にあった事を保険会社に伝えておけば、示談交渉を行う際に足りない資料が無いようにアドバイスを貰う事ができ、トラブルとを避けられます。

また、怪我をしているような場合には、病院で医師の診断書をもらう事も必要になります。目立った外傷がない場合でもむち打ち症や脳内出血、骨折、肉離れを起こしたりしている可能性がありますので必ず病院へ行くようにしてください。もし傷害を負っていると診断された場合には病院で診断書をもらいます。診断書を受け取った場合には、交通事故を物損事故から人身事故に変更になります。診断書をもらったらなるべく早く警察書に行き事故証明書の種別を人身事故に切り替えてもらうように申し出てください。その後、交通事故証明書の交付を受け最初の手続きは完了になります。保険会社に電話しておけば細かい手順は教えてくれるので安心です。また、弁護士にすることによって慰謝料額が増えることもあります。無料相談を行っているところもありますので参考にしてみてください。

参考HP≪交通事故被害相談:弁護士法人アディーレ≫

事故の状況確認


交通事故にあったら警察の現場検証とは別に、自分でも事故の現場を記憶しておけるように、記憶が鮮明なうちにスマートフォンのメモやボイスメモなどで記録しておくようにしてください。警察が来てからも現場検証が行われるのですが、来るまでの間にタイヤ痕などが消えてしまう可能性があります。事故現場の証拠などは、後々の損害賠償請求で非常に重要になってくる物ですので、警察を信用する前に自分で動くようにしてください。

この時に必要になってくるのは、事故車の状況を撮影しておく事です。ぶつかった部位、壊れた部位、毛がしている部位など事故直後の周囲の状況を撮影しておくようにしてください。また、信号であったり、一時停止の有無、優先道路はどちらかなども忘れずに確認しておくようにしてください。警察が来たあとは警察の所属先警察署と担当の氏名をメモし、加害者の許可を取って自動車登録番号、所有者の住所氏名、任意保険や自賠責保険の保険会社名などを確認しておく事が必要になります。運転手が車の所有者の家族や友達という可能性がありますので、車検証と相手の免許証を両方確認するようにしてください。もちろん事故で動揺してしまっていると思いますが、後々必要な事ですのでしっかりと対応してください。

交通事故にあったら


交通事故に合ってしまったら、被害者の方は動転してしまうと思います。まずは警察に事故にあったことを連絡する事から始めます。交通事故ですから加害者に対して損害賠償の請求をする流れになるのですが、その時に加害者の身元や加入している保険会社の情報、事故の記録などをスムーズに確保する為に必ず警察を呼ぶようにしてください。もし、可能であれば目撃者の証言も欲しいですが、いきなり全ては難しいので最低でも警察を呼ぶようにしてください。この時に気が動転している場合もあります。警察は110番です。焦らずゆっくりとプッシュしてください。

基本的に警察への連絡は加害者側が行う事になっているのですが、どちらにも過失があるような場合には、被害者でも電話をする必要があります。もしかしたら加害者が逃げる可能性もありますので、できるだけ自身で警察を呼ぶようにしてください。

相手の人が警察を呼ぶのを嫌がるケースもありえます。以前に事故や違反を起こしていたとしても同情の余地はありません。もちろん飲酒していたとしても、免許停止や免許取り消しになってしまう可能性があったとしても必ず警察を呼ぶようにしてください。警察に連絡を行わないと実際に交通事故が起こったことを証明する事故証明という書類を発行することができないので絶対に呼ぶようにしてください。

他にも交通事故を起こしたらやらなければいけない事は沢山あります。そこでこちらでは、交通事故にあってしまった時に行わなければいけない事をご紹介します。