保険会社に連絡を


事故にあったら加入している保険会社へ連絡するようにしてください。警察への連絡、加害者の情報を入手し終わったら保険会社に連絡を入れてください。加害者側との示談交渉が開始されるのは、事故の怪我や車などの修理費用の見積もりがでた段階で示談交渉になりますが、その前に保険会社に連絡する事で色々なアドバイスを貰う事ができます。特に交通事故にあった事を保険会社に伝えておけば、示談交渉を行う際に足りない資料が無いようにアドバイスを貰う事ができ、トラブルとを避けられます。

また、怪我をしているような場合には、病院で医師の診断書をもらう事も必要になります。目立った外傷がない場合でもむち打ち症や脳内出血、骨折、肉離れを起こしたりしている可能性がありますので必ず病院へ行くようにしてください。もし傷害を負っていると診断された場合には病院で診断書をもらいます。診断書を受け取った場合には、交通事故を物損事故から人身事故に変更になります。診断書をもらったらなるべく早く警察書に行き事故証明書の種別を人身事故に切り替えてもらうように申し出てください。その後、交通事故証明書の交付を受け最初の手続きは完了になります。保険会社に電話しておけば細かい手順は教えてくれるので安心です。また、弁護士にすることによって慰謝料額が増えることもあります。無料相談を行っているところもありますので参考にしてみてください。

参考HP≪交通事故被害相談:弁護士法人アディーレ≫