交通事故にあったら


交通事故に合ってしまったら、被害者の方は動転してしまうと思います。まずは警察に事故にあったことを連絡する事から始めます。交通事故ですから加害者に対して損害賠償の請求をする流れになるのですが、その時に加害者の身元や加入している保険会社の情報、事故の記録などをスムーズに確保する為に必ず警察を呼ぶようにしてください。もし、可能であれば目撃者の証言も欲しいですが、いきなり全ては難しいので最低でも警察を呼ぶようにしてください。この時に気が動転している場合もあります。警察は110番です。焦らずゆっくりとプッシュしてください。

基本的に警察への連絡は加害者側が行う事になっているのですが、どちらにも過失があるような場合には、被害者でも電話をする必要があります。もしかしたら加害者が逃げる可能性もありますので、できるだけ自身で警察を呼ぶようにしてください。

相手の人が警察を呼ぶのを嫌がるケースもありえます。以前に事故や違反を起こしていたとしても同情の余地はありません。もちろん飲酒していたとしても、免許停止や免許取り消しになってしまう可能性があったとしても必ず警察を呼ぶようにしてください。警察に連絡を行わないと実際に交通事故が起こったことを証明する事故証明という書類を発行することができないので絶対に呼ぶようにしてください。

他にも交通事故を起こしたらやらなければいけない事は沢山あります。そこでこちらでは、交通事故にあってしまった時に行わなければいけない事をご紹介します。