事故の状況確認


交通事故にあったら警察の現場検証とは別に、自分でも事故の現場を記憶しておけるように、記憶が鮮明なうちにスマートフォンのメモやボイスメモなどで記録しておくようにしてください。警察が来てからも現場検証が行われるのですが、来るまでの間にタイヤ痕などが消えてしまう可能性があります。事故現場の証拠などは、後々の損害賠償請求で非常に重要になってくる物ですので、警察を信用する前に自分で動くようにしてください。

この時に必要になってくるのは、事故車の状況を撮影しておく事です。ぶつかった部位、壊れた部位、毛がしている部位など事故直後の周囲の状況を撮影しておくようにしてください。また、信号であったり、一時停止の有無、優先道路はどちらかなども忘れずに確認しておくようにしてください。警察が来たあとは警察の所属先警察署と担当の氏名をメモし、加害者の許可を取って自動車登録番号、所有者の住所氏名、任意保険や自賠責保険の保険会社名などを確認しておく事が必要になります。運転手が車の所有者の家族や友達という可能性がありますので、車検証と相手の免許証を両方確認するようにしてください。もちろん事故で動揺してしまっていると思いますが、後々必要な事ですのでしっかりと対応してください。